2018/02/24

仙台までの長距離運送

昨日の仕事は、早朝午前4時に船橋市で荷物を引き取り、午前中必着で仙台市泉区に配送する長距離運送でした。

荷物は、片手で持てるほどの大きさのダンボール2ケースのみでした。

時間面からしても、荷物内容からしても、とても楽勝なお仕事でした!


以前は、400キロもの距離の仕事でも、帰り道は経費を節約するために、極力下道で帰る方針だったのですが、最近は数千円の節約より、人生の限られた時間を大切にした方がいいと思い、自腹でも高速を利用して時間短縮で帰る方針にシフトしているのですが、昨日はその仕事の後のスケジュールが大きく空いていたし、仙台からだったので下道で帰りました。

仕事でいろいろな方面に行きますが、東北道(国道4号線)方面からの下道は、どこの方面よりストレスが少なく、短時間で快適に東京に帰る事ができます!

昨日は、行きも帰りも運転は大半が明るい時間でしたし、天気はいいし、風も穏やかで、最高に気持ちよくドライブできました!

特に行きの東北道で見た、早朝の雪景色は美しかったな~



スポンサーサイト
2018/02/03

岐阜県高山市までの長距離運送

先日は、お得意様の緊急なご依頼で、夜間に荷物を引き取り、翌午前中必着で豪雪地帯で有名な岐阜県高山市までの長距離運送でした。

豪雪地帯行きも日中の走行はいいのですが、深夜早朝に雪の険しいエリアを走らなければならない仕事というのは、私がいろいろな仕事をしている中で、最も危険度の高い仕事です。
自分のコンディション(疲労・睡眠不足)や気象状況によりましては、お引き受けできない事もあります。

私の赤帽車が2WD車の時代は、深夜早朝の秋田道や上信越道などで、心臓が飛び出るほど危険な経験をしてきました…


私が高山に行った日は、関東で夜間から翌午前にかけて雪が降った日で、江戸川を出発すると早くも世田谷あたりから雪が降り出し、かなり長い間雪が降ったりやんだりの繰り返しでした。

ルートは中央道がチェーン規制になっていたので、安全策で規制の出ていない新東名で行きました。
雪のピークは足柄・御殿場あたりで、いったん静岡市あたりで雪が収まり、ちょっと安心して静岡SAで仮眠したのですが、目が覚めると、あまり降らなさそうなイメージの静岡市でけっこう降っていました。

静岡SAからリスタートし、一体どこまで雪が続くのだろうと思いつつ進んで行きましたが、愛知県に入るとようやく進めば進むほど雪が弱くなっていきました。

2度目の仮眠を、東海環状の美濃加茂SAでとって時間調整し、東海北陸道のよくチェーン規制になっているエリアを、気温が低く暗い時間帯を避けて走りました。
午前中に納品すればいい仕事なので。

道路情報では東海北陸道にチェーンのマークがついていましたが、私が走った時はピーカンで、走行路面にはみじんも雪がありませんでした。
太平洋側が天気悪い時は、日本海側や雪国は天気がいいので、期待していた通りでしたが、道路情報のチェーンマークが出ていたので、多少雪道の走行になると思っていました…

しかし高速を降りると、降りた瞬間からさすが高山という感じでした。

2WDの軽トラだったら登れなかったかもしれない、ひやひやする坂道もありました。

無事荷物を納品すると、いつもだったら安いガソリンスタンドを探してしばらく下道を走って、満タンにしてから高速に乗るのですが、先日はさすがに少しでも長く下道を走りたくなかったので、最寄りのICからすぐ高速に乗って帰りました。


高山市は、雪の無いシーズンだったら、中央道の松本で降りて、安房峠を越える景色の美しいドライブコースで行けるのですが、この時期は遠回りになってしまいますが、荷物の安全第一のルートで行くべきでしょうね。




2018/01/28

静岡県富士市までの運送



昨日はお得意様の仕事で、船橋から静岡県富士市までの運送でした。

本当は、大雪で高速道路がマヒしてしまった日に行う予定だったのですが、今月中だったらいつでも良いとの事でしたので、お言葉に甘えて昨日配送させて頂きました。

昨日は、道が空いていました

最高にいい天気でお出かけ日和だったのに

先日の大雪のイメージが残って、レジャーでドライブしようと思う人が少なかったのか??

土曜だったので、行きの首都高が空いていたのは予想通りでしたが、東名が上下線とも一切渋滞無いのは意外でした。

あまりにも気分良く運転できたので、仕事ではなくレジャーで運転しているかのようでした。


しかし富士のふもとの町に行くと、運転していてそこらじゅうから美しい富士山をながめられて、うっとりしてしまいます。


2018/01/27

佐賀県唐津市までの長距離運送

先日は、今までの赤帽人生で2度目の九州便 佐賀県唐津市まで約1200キロ弱の超長距離運送でした。

その日の夕方に荷物を引き取ると、お届けは翌々日の午前という事で、通常ですとかなり余裕のあるスケジュールなので、翌朝出発してもいいくらいですが、大雪の影響で通行止めが各線あったり、渋滞の危険性も高いと思い、いったん家に帰って着替えや身支度をして、即出発しました。

出発すると、まず首都高は通行止めで乗る事はできませんでしたが、東名の通行止めは解除されたばかりでしたが乗る事ができました。

解除されたばかりの東名・新東名は、静岡あたりまでどんな状態か不安でしたが、かなり順調で取り越し苦労でした。

2度ほど仮眠をとりながらマイペースで走っていましたが、あまりにも順調すぎて、納品時間外のあまりにも早い時間帯に到着してしまいそうでした。

広島県内を走行している時に、仮眠した時の寒さがあまりにも厳しかったし、高速道路内で時間を潰しきれなさそうだったので、ビジネスホテルに宿泊した方がいいと思い、九州のホテルを予約したのですが、山口県に入るとそれまでの順調がウソのような想定外の険しい雪道でした。

まるで東北や信越の高速道路を走行しているかのようでした。

山口県では高速で通行止めがあって、一区間降ろされてしまいました。そして一区間分の下道は大渋滞でした。

疲れがピークの時の通行止めはキツイですね…

やっとの事で高速に乗り直すと、そこからまた延々と厳しい雪道が続き、ホテルの到着は夜7時半~8時の予定が、10時を過ぎてしまいました。

福岡県内のホテルだったので、九州ラーメンでも食べたい気分でしたが、ホテルの近くのラーメン屋は閉まっていて、空いていたのは居酒屋くらい…

早く寝たかったので、飲食店を探すのはやめてコンビニ弁当を食べて寝ました。

いろいろありましたが、翌朝、唐津市の納品は、荷主様の希望通り無事完了しました!

問題は、その後、東京に戻ってからどうしても自分が行わなくてはならない仕事があり、行きよりも帰りのスケジュールがタイトでした。

悪天候のせいで、佐賀から東京間で、あまり渋滞しないような箇所で、何度も何度も大小の渋滞がありました。

さらに伊勢湾道が雪で通行止めと、肝を冷やしました。

伊勢湾を回避し、名神~中央道に迂回するか悩みに悩みましたが、分岐の直前の大津SAで夕食を食べている時に伊勢湾道の通行止めが解除され、いつもの最短ルートに進む事ができ、渋滞と通行止めでヒヤヒヤの連続でしたが、なんとか仕事に間に合いました。

今回の九州便は、帰りが急ぎだったので、ほとんど九州に行った感がありませんね。
明太子もラーメンも、何一つ九州らしいものも食べれず…

せめて長旅の帰り道くらいのんびりと帰りたいところですが、行きの山口以降と帰り道は慌ただしい長旅でした。



2018/01/19

岡山県総社市までの長距離運送

先日の仕事は、午後~夕方に都内で荷物を引き取り、翌日の午前8時時間指定で岡山県総社市に納品する、長距離チャーター便でした。

東京から総社市までは、距離にして約700キロの道のりでした。

先日は、思ったより風が強く、久しぶりに伊勢湾道名物の横風の恐怖を味わい、新東名や新名神でも所々でスローペースを強いられましたが、かなり時間の余裕を持って東京を出発しましたので、スローペースで運転してもしっかり仮眠をとって、岡山まで走る事ができました。

今週もまだ本格的な稼働状況になっておらず、仕事の件数は見込めない状態なので、先日のような超長距離のお仕事は、とてもありがたかったです!