FC2ブログ
2019/05/14

デジタルフォトフレーム

実家に写真をプレゼントしようと思い、最初写真立てかフレームを買おうと思ったのですが、同じスペースでたくさんの写真を見れる、デジタルフォトフレームを初めて買ってみました。

デジタルフォトフレームは、写真がハガキ大に映し出される7インチくらいのタイプで5千円前後からあるのですが、安いのは画質の評価が低いし、機能も細かい部分が様々で、似たり寄ったりの商品が多数あってとても悩みました。

私が選んだのは、サイズが小さ過ぎず大き過ぎずの8インチで、人感センサー付き(人が2~3メートル以内にいると勝手について、いなくなると自動で切れるタイプ)
スライドショーしながらBGMを流す事ができるタイプにしてみました。


昨日、写真と音楽をSDカードに入れて、フォトフレーム本体に差し込みテストしたところ、イメージ通りでなかなかいいあんばいでした。

今後誰かに写真をプレゼントする機会があったら、写真のみで渡すより、デジタルフォトフレームに入れてプレゼントすると、きっと喜ばれるのではないかと思いました。

私も個人的に1台買おうと思います。


私は、写真を撮るのは好きなのですが、旅行に行った時などの記念写真的な写真はあまり好きでないので、今まで積極的には撮っていなかったのですが、旅行に行った時のみんな笑顔の写真を見ると、楽しかった思い出がよみがえります。

やっぱり記念写真も撮っておくべきですね。

自分で作ったスライドショーを見ながら、過去の思い出にふけり、写真っていいものだな~ としみじみ思いました。

スポンサーサイト
2019/02/24

外環道 千葉の写真素材

190106 (66)rajbl

去年開通した外環道 千葉区間の交通写真素材です。

千葉区間は、ほとんどがトンネルです。

まだ道が新しいので、きれいですし路面がフラットで撮影しやすいです。

車載カメラでの交通写真は、シャッタースピードを極限まで早い設定にする場合と、スローシャッターに設定する場合がありますが、スローシャッターの場合は、車のナンバーや車メーカーのエンブレムが、無加工でもブレで認識できないようになるので、販売目的の写真素材として仕上げる時に、車のナンバーやエンブレム・ロゴを消したりする必要がなく、レタッチが楽でいいです。
2019/01/23

国道298号 道路交通写真


外環道の真下を走る環状線 国道298号線の道路交通風景


以前は、トヨタ 日産など車メーカーのエンブレムや車名のロゴが写っていても気にしなかったのですが、海外のストックフォト社は権利関係が厳しく、写っていると審査に落ちてしまうようなので、最近はエンブレムやロゴをレタッチで消しています。

車のナンバーも、以前は4ケタの数字がかろうじて読める程度で、他が読めなければスルーしていましたが、最近は4ケタ数字が読めるレベルだったら読めないように消したりボカしたり加工しています。

この写真も、景色は流れるようにブレていますが、青い車は静止しているかのような感じでピントがきています。
無加工では車のエンブレムやナンバーがはっきりと写っているのでレタッチしています。

車のナンバーの消し方も、ベタ塗りすると違和感が出てしまうので、ナンバープレートの素材感を生かしたり、影が入っていたら影を出しつつ数字を消しています。

この作業がなければ、道路交通の写真素材作りも楽なのですが
2019/01/18

撮影テクニック

そう簡単には撮れないような写真撮影のテクニックもあった方がいいので、開拓しています。

私がよく撮る車窓越しの道路風景は、ドライブ中の1シーンとしてSNSなどでよく目にしますが、車内からフロントガラス越しに車や道路風景などを撮影すると、車から前方の景色で前を走っている車のリアが写ります。

私が開拓した撮影方法は、車の後方の景色を写し、後方を走っている車のフロント側が写ります。



日中の明るい時間に撮影すると、運転手の顔がバッチリ写ってしまい、写真素材としては使えなくなってしまうので、夕方か夜メインで撮影しています。
2019/01/17

道路・交通フォトグラファー

先日、外環道で車載カメラの撮影テストしたのですが、車載カメラ(一眼レフ)の撮影は、改良に改良を重ね、かなり完成に近い状態になっています。

完成と言ってもいいくらいなのですが、私の性格ではどこまでも工夫や改良をし続けるタチなので


高速シャッターで撮影すると、路上から三脚を使用して撮ったかのような写真になります




スローシャッターで撮影し、流れやスピード感を出した写真




スマホで簡単に撮った写真ではなく、一眼レフ(フルサイズ機)で撮影しているので、オリジナルはポスターサイズに引き伸ばしても問題のない高画質の写真です!

道路・交通・車・トラックなどの写真素材は、各ストックフォトに提供していますが、撮影のご依頼がありましたら、お気軽にご相談下さい。