2009/03/22

今日は東京マラソン

今日は東京マラソンです。

東京を拠点に運送や引越の仕事をしていて、土日も忙しく都内を動き回る私にとって、東京マラソンというのは正直言ってあまり歓迎できないイベントです。
しかも3月の繁忙期に開催されるなんて…

この日、都内の交通規制されているエリアに引き取りや納品をしなければならない運送業者や、どうしても引越をしなければならない引越業者は辛いところです。

今日の私の仕事は、宮城から群馬までの引越という、いつもからするととてもイレギュラーなエリアの仕事なのですが、東京マラソンの交通規制とは全く無縁の仕事でラッキーです!
スポンサーサイト
2009/03/18

引越シーズン山場

今年の引越シーズンもいよいよ山場に突入しました!
 
今年の引越シーズンの中では、3月20~22日までの三連休中が一番人気で、早々と予約の受付が終了してしまいました。
この3日間の引越はプラチナチケットです。

3月中で引越の対応出来る日程は残りわずかとなってしまいましたが、日にちや時間によってはまだ間に合いますので、3月に引越を予定されている方はお早めに!

東京都内の単身引越し・東京から全国への単身引越しは
赤帽マッハゴーゴー急便にお任せ下さい!
2009/03/14

雨…

雨…


今日は雨
引越で忙しい日に雨はちょっと残念

今年の冬は本当に雨の日が多いです。
いつもの東京の冬は晴天率が高いのですが…
2009/03/14

まるでギャグ

今日、引越のお客さんの関係者に、赤旗さん! と呼ばれてしまいました。

赤帽を赤旗って言い間違えるなんて…

まるでギャグのようです
2009/03/13

仙台からの帰り道

先日緊急運送の仕事で仙台に行った帰りのルートは、特に深い意味はありませんが余裕があったので、一般道を約100K走り、常磐道の現時点での終点というか始発というか常磐富岡ICから常磐道に乗り東京に帰りました。
とても仕事が少ない時は仙台でしたら高速料金節約でオール一般道で帰る事もありますが。

東京から仙台までのルートは、高速だったら東北道、一般道だったら4号線という固定観念がありますが、高速では常磐道から磐越道を経由して郡山JCTから東北道に出る行き方もあり、東京の東エリアからなど出発地点によっては、東北道で行くのに比べて距離が約10Kほど長くなるだけで、東京ー仙台間の400K近い距離の中ではほとんど同じような距離です。高速料金も軽だったら300円高くなるだけです。

常磐道・磐越道のルートで行くメリットは、東北道もさほど交通量は多くはありませんが、東北道よりさらに交通量が少ないという点で、しかも大型の貨物トラックが東北道より少ないので走りやすいです。
常磐道は東北道よりもアップダウンが少ない点も走りやすく、燃費が少し良くなるかもしれません。

一般道で東京から仙台に行く場合も、つい4号線と思い込みがちになりますが、東京の出発地点や仙台の到着地点によりますが、4号線と6号線はほとんど同じ距離で、エリアによっては6号線の方が最短になります。
6号の場合仙台の少し手前の岩沼市で4号に合流します。

東京から仙台までのルートは、急ぐ場合と急がない場合、高速料金を節約したい場合などで結構選択肢があるものです。
選択肢の中には、帰り道の場合は途中のSAで仮眠などをとって、ETCの深夜割引(5割引)まで時間をかけるというのもありますが…

それにしても、せっかく仙台に行ったら市内で本場の牛タン料理でも食べて帰りたいところですが、午前東京を発って仙台に行くような事がほとんどなので、お昼はサービスエリアで軽く済ませて仙台に着くのは午後になり、翌日の仕事の事を考えるとすぐに東京に向かって帰る事になるので、夕食も高速のサービスエリアなどになってしまいます。
いつもSAのそばとかラーメンとかカレーなどの食事で仙台のおいしい物を食べた事がありません。

2009/03/10

東北といえば仙台

先日引越の仕事で仙台に行って来たばかりだったのですが、今度は運送の仕事で仙台に行って来ました。
東北方面の仕事の中では、引越でも運送でもなんといっても仙台に行く機会が一番多いです。

先日の運送の仕事は、某中堅運送会社からの依頼で、松戸にあるトラックターミナルから新品の冷蔵庫を引き取り、仙台に大至急届けて欲しいという仕事でした。
荷物の引き取り時に初めてお届け希望の時間を聞いたのですが、荷物を積み込んだ時には既にお届け希望の時間には間に合わない時間でした。これは急がなくてはならないと、仙台まで昼食もとらずトイレも我慢して休まずひたすら運転しました。

仙台までは4時間位かかったでしょうか、依頼人のお届け希望の時間より1時間近く遅れて荷物をお届けし、荷物の引き取り時に既に間に合わない時間だった事をお届け先の人に伝えると、お届け先の人は特に急いではいないようでした…
せっかく死に物狂いで運転したのですが、こういう事はよくある話です。

それにしても、単身者用の小型の冷蔵庫1台のみをチャーター便で仙台まで運ぶというのは、よほどの事なのでしょう。詳しい事情はわかりませんが。
松戸から仙台までチャーター便で荷物を運ぶと、恐らく冷蔵庫の販売価格よりも運送料金の方が高くついてしまいます。それでも運ばなければならなかったのでしょうから。
緊急運送では運ぶ品物の価格よりも運送料金の方が高くなってしまうような事はよくある事ですが…
2009/03/09

仙台までの寿引越し

先日の仕事は、都内のご実家から宮城県仙台市の新居までのご結婚による寿引越でした。

前もってわかっていた事ですが、引越の荷物の内自転車が2台ありまして、赤帽車の荷台に自転車を2台積むと結構スペースをとられてしまいます。それ以外にも引き出し付きの学習机や2ドア冷蔵庫や1メートル以上ある観葉植物などがあり、ダンボール類の荷物の積めるスペースが少なくなるので、ダンボールなどの小物類がどこまで積めるか若干心配だったのですが、なんとかお客様の希望している荷物は積みきる事が出来ました。

東京から仙台までの移動は、お客様は新幹線で移動し私は車で約5時間かけて移動し、新居で待ち合わせでしたが、お客様は予定通り先に到着して下さっていたので、私が到着するとすぐに荷物を搬入する事が出来ました。

荷物の搬入は、いつも丁寧に心がけていますが、お客様にとって新婚生活の初めの一歩となりますので、新婚生活のスタートを気持ち良く迎えられるように、より一層慎重に丁寧に作業しました。

今回の引越も、ほぼパーフェクトでした!!
2009/03/07

奈良県葛城市までの単身引越し

先日の仕事は、都内から奈良県葛城市までの単身引越で、ここのところ長距離の仕事が入っていなかったので長距離引越は久しぶりでした。
関西方面に行ったのも本当に久しぶりでしたが、とにかく忙しい最中にスケジュール調整した奈良行きで、翌朝都内の仕事に間に合わせなければならなかったので、超とんぼ返りで仕事が終わるとすぐに東京を目指し、関西に来た事を味わう暇もありませんでした。

長距離引越の場合、大きく分けて混載便とチャーター便があります。混載便は多数の引越の荷物をまとめて運ぶ方法で、チャーター便はその名の通り1件のお客様の引越荷物を貸切で運びます。
チャーター便のメリットは、なんといっても最短時間で引越が完了する事です。東京ー大阪間の引越も当日中に完了する事が出来ます。
ちなみに混載便の場合は、引越の荷物を搬出してから受け取るまでに数日かかってしまうので、その間は自分の荷物を使えません。
これから3月の末にかけて、ビジネスマンの転勤などが多い時期ですが、忙しい方の引越はチャーター便の引越がお勧めです。

引越シーズンの3月は学生さんの引越やビジネスマンの転勤などで、特に長距離引越が多い時期です。
3月の後半になって間際に引越業者を探すと、なかなか予約が取れない状況になってしまいますので、もしその時期の長距離引越を予定されている方はお早めに!

長距離引越は、長距離引越が得意な赤帽マッハゴーゴー急便にご用命下さい!

東京発 大阪・京都・名古屋・静岡・新潟・長野・仙台・盛岡など、全国(600キロ以内)でしたら当日中の引越が可能です。

東京発 全国へのチャーター便単身ミニ引越 赤帽マッハゴーゴー急便
2009/03/07

国分寺市まで家具の運送

先日の仕事は、23区内から国分寺市までの家具の運送でした。
荷物内容は、2人掛けのソファー・高さ180cの本棚・高さ100cの本棚・ローテーブルの4点、赤帽車の荷台に重ねる事なく調度良く納まる荷物量でした。

赤帽のチャーター便での運送システムですと、品物1点につきいくらという計算方法ではないので、本棚1点だけ運ぶのも数点まとめて運ぶのもさほど大きく料金は変わりませんので、どうせなら複数の品物をまとめて運ぶ方が料金的にはメリットがあります。

家具・家電などの運送料金に関しましては、無料でお見積りしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

対応出来ないお荷物や対応出来ない地域もありますので、ホームページをご覧の上お問い合わせ下さい。

ホームページ → http://mach0855.web.fc2.com/


東京23区内の家具・家電の運送、東京発 全国への家具・家電の運送は、赤帽マッハゴーゴー急便にお任せ下さい!!
2009/03/04

リピーターさんの引越

先日の仕事は、江東区のワンルームマンションから横浜市青葉区のご実家まで、以前その逆コースの引越をしたリピーターのお客様の引越でした。

そのお客様の引越は、2年ほど前に私が担当したのですが、その時にお渡しした名刺などをとっておいて下さったのか、名前を思い出してネットで検索して下さったのか、とにかく憶えていて下さっていてとてもうれしいです。

リピーターさんの引越や以前作業したお客様からのご紹介の引越は多く、それは多かれ少なかれ好印象は持って下さっているのでしょうから、私にとってなによりも光栄でうれしい事なのですが、その時小規模だった引越も年数が経つごとに荷物が増えていって、だんだんに赤帽の軽トラックでは対応出来ないような引越になっていきます。
ご結婚などされるようになってしまうと、もう完全に軽トラックで出来るような引越ではなくなってしまい、せっかくご縁が出来ても長いお付き合いにはなれないのがとても残念な事です。