FC2ブログ
2018/08/10

京都からの帰り

数か月前からぽつぽつ行くようになった、京都の宇治田原町までの仕事は、ルートの指定があり、新名神の信楽ICからアプローチします。

先日の京都からの帰りは、今までと違うルートで帰ってみようと思い、名阪国道経由で亀山から有料のルートで帰ってみました。

行きの東京ー信楽と、帰りの亀山ー東京では高速料金がいくら違うのか、帰宅して確認してみると、たったの440円でした。

名阪国道ルートは、高速代節約の効果は思ったより少なかったです。

しかし、信楽方面のルートでは良さげなガソリンスタンドが無いのに対し、名阪国道ルートは、私の第一希望のシェルのセルフがあったので、今後の帰りのルートは名阪国道ルートにしようと思いました。
名阪国道に出るまでの道が空いていて快適でしたし


先日の京都便は、早朝2時に起きて一度も仮眠せず動いていたので、帰り道で眠くなってしまい、愛知県内あたりで限界になり、どこかのSA・PAで仮眠しなければと思いましたが、日中の車内は暑くて寝られそうもないので、刈谷PAの温泉施設内の冷房のあるリクライニングシートで一眠りしようと思いました。

愛知県はうわさ通りはんぱない暑さで、この暑さで温泉に行く人は少ないだろうと思いましたが、とんでもありませんでした。

平日というのにかなりの混みようでした。

リクライニングシートは全て埋まっていたので、温泉にちょっとだけつかり、再度リクライニングシートに行ってみましたが、やっぱり空きがなく、刈谷の仮眠はあきらめて施設を出ました。

しかし刈谷PAで一休みしたら、なんとなく目が覚めました。

愛知のあまりの暑さで脳みそに刺激が与えられたのでしょうか…

刈谷を出発してからは、東京まで仮眠しないで帰れました。

真夏と真冬は赤帽車の荷台で寝られないんですよね~
もう少しSA・PAに仮眠できる施設を作って欲しい
スポンサーサイト