FC2ブログ
2020/09/16

ゴープロのテスト

ゴープロで交通動画を撮影しようと思っているのですが、フロントガラスの映り込みを回避できず悩んでいました。

何度か試行錯誤を重ねて、やっと使えそうなレベルになりました。

一眼レフの方は、何の苦労もなく映り込みを回避できたのですが、意外とゴープロの方が難しく苦戦しました…

ゴープロの映り込みは、個人で楽しむだけだったら気にならないレベルでしたが、もし販売などとなったら、些細な映り込みもNGなのです。


ゴープロを使い始めて、とまどうことも多かったですが、操作も慣れてきましたし、必要なオプションパーツもそろったので、そろそろ実戦で動画の作品作りをしてみようと思います。
スポンサーサイト



2020/09/15

撮影用LED電球



LED電球が普及する前に、蛍光灯の照明機材を買ったのですが、光が弱くほとんど使っていませんでした。

最近、動画を撮影するようになって、現状の照明ですと光が弱く、映像のクオリティーがイマイチになってしまうので、撮影用のLED電球を買ってみました。

電球をチェンジしてみると、倍以上明るくなったような気がしました。


LEDは、静止画の方にも役立っています。

LEDを買う前に、氷で何かを表現しようと思って撮影したのですが、メリハリや透明感がなくイマイチでした。

ストックフォトの審査でも、厳しい会社ではいくつか審査で落とされてしまいました。

LEDで再度撮影した氷の作品は、メリハリやエッジや透明感がバッチリ出て、類似作で審査で落とされてしまうか心配した写真も全部審査をパスしました。

とりあえず、LED電球は買って正解でした。
2020/09/10

交通タイムラプス撮影



仕事の帰り道で、ゴープロの試し撮りをしてみました。

カメラを車内に設置して、交通動画を普通に撮ったり、タイムラプス撮影してみたり

フロントガラスの映り込みに注意して設置したつもりだったのですが、家で動画をチェックしたらダッシュボード回りがおもいっきり映り込んでいました…

それ以外はまずまずイメージ通りだったので、映り込みをどうやって無くすか、テストを重ねていきたいと思います。
2020/08/16

夏イメージの撮影

昨日も暑かったので、外に撮影しに行きたい気持ちと、行きたくない気持ちと葛藤していたのですが、やはりお得意様や企業のお客様の仕事や電話が入る可能性が極めて少ない日は、心おきなく外で撮影できる貴重な日なので、撮影に出かけました。

昨日は、随分前から一度撮影に行ってみたかった、都内の某撮影スポットに、夏イメージの撮影をしに行ってきました。

もしかしたら、撮影させてもらえなかったり、休日で人が多くて思うように撮影できないかもしれないと思いつつ、行ってみたのですが、意外と自由に思うように撮影ができ、短時間で満足できたので、深追いせず、熱中症にならないように早めに切り上げました。

駐車場代が400円で済んだので、駐車場代は間違いなくペイできると思います。

今回も近場で済ませましたが、そろそろ遠出して撮影しに行きたいものです。
2020/07/17

カメラのセンサークリーニング

キャノンのセンサークリーニングの料金が値上げして、しかも時間もかかるみたいになってから、センサーの掃除は自分でするようになりました。

先日、センサーの件でいろいろ調べていたら、カメラのキタムラがセンサークリーニングをしているのを知り、キタムラは近場に何店舗もあるし、最短1時間でクリーニングしてくれるようなので、専門店に出してみたのですが、仕上がり状態を確認したところ、イマイチでした。

その夜、自分でも再クリーニングし、チェックしてみると、自分でクリーニングした方が汚れがとれているようでした。

クリーニング代は3300円と、そこそこするので期待したのですが、結果はお金をドブに捨てたようなものになりました…

以前キャノンに出していた時も、いい結果は得られなかったので、そんなものなのでしょう。

これはやはり、自分自身でセンサークリーニングを研究し腕を上げるしかありません。


普通の趣味で撮影している人は、恐らく撮った写真はパソコンのモニターいっぱいの大きさで見て楽しむだけでしょうから、センサーの汚れはさほど気にならないかもしれませんが、私の場合、作品を各社に提出する場合は、写真を等倍のさらに倍(200%)に拡大し、隅から隅までチェックするので、センサーに汚れがあるとモロに出てしまい、後加工が本当に手間取ります。

静止画だったらまだレタッチで、ゴミを消せるのですが、最近は動画の撮影もするようになったので、動画で出てしまうと最悪です。


センサーに汚れがつきにくくするのか、ついてしまった汚れを落としやすくするのか、何かいい方法はないものでしょうか?
カメラメーカーさんには是非改良して頂きたいものです。