FC2ブログ
2009/04/09

東京から大阪まで転勤の単身引越

先日の仕事は、東京都中央区の会社寮から大阪府池田市の会社寮まで、転勤される会社員の方の単身引越でした。

引越の荷物は、寮住まいの方でしたのでダンボール類がほとんどで、小家具や小家電はあるものの大きな家具や家電はなく、赤帽車に余裕で積める荷物内容でした。家具や家電類が備え付けの寮などの引越は、赤帽車での引越が最適です。

引越の時間に関しましては、東京の引越元で夕方に作業を開始して、翌日の朝に大阪の引越先にお届けでした。
東京から大阪までの引越の場合、タイムスケジュールはそのパターンか、朝に東京で作業を開始して当日の夕方頃に大阪にお届けかのいずれかとなります。

赤帽チャーター便引越は、長距離でも貸切で引越先まで直行しますので、引越が最短時間で完了する事が出来、忙しいビジネスマンの転勤などによる引越に最適です!

東京から大阪までの単身引越 東京から全国への長距離引越は赤帽マッハゴーゴー急便にお任せ下さい!


赤帽マッハゴーゴー急便ホームページはこちら → mach0855.web.fc2.com/
スポンサーサイト



2009/04/09

高速を土日千円で初利用

先日の大阪までの仕事で、初めて高速道路を休日特別割引で利用しました。
営業ナンバーの軽自動車も、多分割引が適用されると思っていましたが、もしかすると適用外になってしまう可能性もあるのではと思いつつ料金所を通過しましたが、利用してみるとやはり割引になっているようでした。

先日は、東京を金曜の夕方発って翌日土曜大阪着、帰りは土曜に大阪を発って当日東京着でしたので、往復共休日特別割引で高速を利用出来ました。

休日特別割引は、基本どこまで利用しても千円ですが、東京・大阪の大都市近郊区間は対象外ですので、東京から大阪までの高速料金は千円ポッキリではありません。東京側と大阪側でそれぞれ別料金がかかってしまいます。

ちなみに先日かかった高速料金は下記の通りです。

◆ 行き 東京IC → 中国豊中ICまで
  通常料金 8700円が1000+1050=2050円(軽自動車)

◆ 帰り 名神吹田IC → 東京ICまで
  通常料金 8550円が1000+1300=2300円

行きの方が帰りよりも1~2区間長く高速を利用しているのですが、行きは深夜割引の時間帯を走行しているせいだと思いますが、帰りより割引料金が多い為安くなっています。
東京ICから大阪まで軽で休日に高速を利用する場合、料金は二千円前半くらいかと思っていればいいようです。

それにしても大都市近郊区間が含まれると、料金の計算は複雑で走行してみないと料金がいくらで上がるかわかりません。東京方面の大都市近郊区間までは計算出来ても、大阪方面の大都市近郊区間までは計算しきれないというか計算する気になりません。そうそう関西方面に行く訳ではないので。

ETCの料金割引は年数が経つごとに複雑化していて、もっと単純なわかりやすい割引に出来ないものかと思ってしまいます。
以前は割引の条件が変わる度にそれを完全に憶えていましたが、せっかく憶えてもコロコロ変わってしまうので、最近は細かい点までは憶える気がしなくなりました。