FC2ブログ
2010/02/11

岩手県岩泉町までの緊急配送

先日の仕事は、某メジャー民放テレビ局様からのご依頼で、都内から岩手県岩泉町までの緊急配送。都内から650Kもの長距離は久しぶりでした。

先日お預かりした荷物は、またもや荷台に積むまでもない小荷物。えてして長距離輸送ほど運ぶお荷物が小さかったりしがちです。
バイク便でも十分運べる大きさでしたが、冬の東北はバイクでは走行出来ないでしょう。

それにしても、先日の東北道は猛烈な風の強さ。所々で横風の為50Kや80K規制になっているほどでした。
赤帽車は車体重量が軽く、さらに荷台の幌が風をはらんでしまい、横風にはめっぽう弱いのです。
過去に突風で走行中横に1メートルほど流されてしまった事もあります。
強風だったら降雪の方がまだましなくらいです。

先日は、東京から盛岡ICまでの間、ず~~~っと強風が続いてしまいました。
普通は走っているうちに、どこからか急に風が治まったりするものですが、休まる事なく風は吹き続け、70キロから80キロに速度を落として運転するしかない状態が盛岡まで続きました。
ハンドル持つ手にはつい力が入り、手がしびれるほどですし、肩までがちがちになってしまいました。

お届けの時間に問題がなければ、絶対に高速を降りているところでしたが、何百キロもの距離を一般道で走ると時間的に厳しいので、高速から降りるに降りられませんでした。

この怖さは、幌の軽トラックを強風の日に東北道や関越道などで運転した事のない人にはわからないでしょうね。

それでもなんとか盛岡ICまでたどり着き、盛岡ICで強風の高速から脱出すると、岩泉町は太平洋側の海岸に近い場所にある町なのですが、盛岡ICから90Kもの距離を山越え走行しなければなりません。
盛岡ICから岩泉町までのルートは、ひどい雪道ではありませんでしたが、全体のルートの中で約8割は雪道、走行した時間が夜間から深夜にかけての気温が低い時間帯でしたので、凍結スリップに用心しまたもやノロノロ運転になってしまいました。

先日は高速も一般道も厳しい道路状況でしたので、岩泉町までかかった時間は自分で予想していた時間より2時間も遅くなってしまいました。
それでも、もともと希望されていた時間よりはかなり早い到着でしたので、お客様側には全く問題はなく、無事テレビ局のスタッフさんが滞在しているホテルでお荷物を手渡ししました。

岩泉町までの配送は、本当にシビアな手ごたえのある仕事でしたが、先日も無事任務を遂行しました!!



スポンサーサイト