FC2ブログ
2010/02/23

東名渋滞30キロ

昨日の姫路からの帰り道、東名高速で富士を先頭に約30K、牧の原を先頭に4~5Kの工事渋滞にはまってしまいました。

関西方面からの帰り道は、早めに情報を入手すれば東名が渋滞していても中央道に回避して帰れるというのに、久々の関西方面の仕事で帰りはのんびり気分という事もあり、つい油断していました。

東名が本格的に厳しい渋滞になってしまった事に気づいたのは浜名湖SAで、豊田JCTを過ぎる前に気づけば良かったのですが時すでに遅しでした。

以前新名神ができる前は、東名・中央の手前までは名神高速のルートで帰るしか選択肢がなく、名神のルートの場合は小牧JCTの手前に東名と中央の渋滞情報の電光掲示板があって、それを見てどちらのルートで帰るか柔軟に対応できました。

新名神が開通してからは、距離と時間が短縮できる新名神のルートを迷わず使ってしまい、ついそのままつながりのいい東名のルートに入ってしまいます。
新名神からでも東海環状経由で中央道に出る事ができるので、渋滞情報に注意をしていればいいのですが、新名神ー東海環状ー中央 のルートは確か結構距離が出てしまった記憶があります。

そこで思ったのは、関西方面やその先の西日本からの帰りのルートは、あえて新名神のルートは使わず以前の名神のルートで帰り、渋滞情報をチェックして東名と中央のルートを柔軟に使い分けした方が賢いルート選択かもしれません。

帰りは急ぐ必要がなくとも、渋滞している高速の運転は疲れが倍増してしまいますので。
スポンサーサイト