FC2ブログ
2011/02/17

4時半必着で長岡へ

先日の仕事は、まず朝一番でお得意先の会社から緊急便のご依頼を頂き、大至急で江戸川区から埼玉県川口市までダンボール1ケースを配送させて頂きました。

川口で仕事が終わり、ほっとしながら江戸川区方面に戻っている時に、今度は新規のお客様より市川市から新潟県長岡市まで、時間指定の緊急配送のご依頼を頂きました。

その指定のお時間というのは、4時半に長岡に必着との事だったのですが、ご依頼を頂いた時間から逆算しますと、間に合わない可能性もありましたので、極力間に合わせますが多少の遅延はご了承して頂けるとの事でしたので、お引き受けさせて頂きました。

市川市までのお引取りに向かうには、急ぎでしたので首都高を使う予定だったのですが、堀切より先がなんと事故による通行止めに… ショックでした…
首都高で順調に行ってお引取りしても、長岡の時間指定に間に合うかどうかと思っていたのですが、途中で首都高を降りて市川に向かい、お引取りに予定よりも10~15分も余計に時間がかかってしまいました。

お荷物を引き取り、すぐさま新潟方面に向かうと、先ほど直接ご依頼して下さったお客様とは又違う荷主様より電話が入り、絶対に時間厳守で納品して下さいとお願いされてしまいました。
多少の遅延は了承して頂いたので、お引き受けさせて頂いたはずだったのですが…

移動中に何度も何度も荷主様から現在地の確認や間に合うかどうかのご質問が入り、久しぶりに心臓がバクバクしてしまうほどの緊張感のある仕事でした。
もう昼食などとる余裕はありませんでしたし、水さえも飲む余裕もなく、ひたすら長岡に向かって走り続けました。

その日は、関越に降雪も積雪もなく、チェーン規制もなく本当に助かりました!
途中チェーン規制でスローペースになってしまったり、渋滞があったりしたら間に合っていたかどうか…

なんとかタイムリミットの15分前に納品先に到着し、無事納品が完了し本当に本当に肩の荷が下りました!!
仕事が終わった後は厳しい条件の大仕事が無事遂行できて、最高にすがすがしい気分でした!

続く
スポンサーサイト