FC2ブログ
2011/08/12

コンクールで演奏する楽器の運送

昨日の仕事は、この時期恒例の仕事で、都立高校の吹奏楽部さんの楽器一式を、高校から府中市の府中の森芸術劇場まで運び、劇場の駐車場で演奏が終わるのを待って、演奏終了後楽器を元の高校まで返送する仕事でした。

コンクールで決められた時間に演奏する楽器なので、時間厳守 遅れる事は許されないのですが、昨日は既に帰省ラッシュが始まっていて、下り方面の中央道や首都高は大渋滞、運転中遅れやしないかとヒヤヒヤしました。

昨日の府中までのルートは道路情報をチェックし、高速よりも下道の方が無難かと思い下道で行ったのですが、高速が大渋滞の時は当然下も混みます。

結局府中に到着してみれば、30分位は余裕があったのですが、新宿・初台辺りを越えるまでにあまりにも時間がかかってしまい、少しあせりました。


この仕事で、ちょっとだけ難点なのは、楽器を搬入した後演奏が終わるまで、数時間駐車場で待機しなければならない事なのです。

待機場所は車のエンジンをかけていられない雰囲気で、毎年一番暑い時期にエアコン無しの駐車場待機は暑いこと暑いこと…

しかし、この仕事も4~5年続けてお引き受けさせて頂いていますので、酷暑をしのぐ方法は、無い事もありませんが…


恒例の吹奏楽部さんの楽器運送の仕事は、待機時間も含めると往復便で調度一日仕事になります。
何度も続けて作業させて頂いているので、作業にすっかり慣れてとてもやりやすいです。

また来年も、年に一度の楽器運送のお仕事お待ちしております!





スポンサーサイト