FC2ブログ
2013/10/19

台風26号の日に山形へ

先日の巨大台風の日、山形県米沢市まで、新規のお客様より緊急便のご依頼が入ったのですが、高速はあちらこちらで通行止めになっているし、強風や冠水などで無事にお届けできるかわからない状況でしたので、お引き受けしていいものか迷ったのですが、状況によっては、お客様側も協力して下さって、栃木県内など途中の地点まで引き取りに向かって頂く事も可能であるとの事で、お引き受けする事になりました。

江東区でお荷物を引き取ると、都内はかなり雨風も収まっていたので、出だしはまずまず順調でしたが、北へ行けば行くほど風が強まり、幌車の軽トラでは危険な箇所もありました。

仕事をお引き受けする時から、東北道の矢板ー白河間が強風による通行止めになっていたのですが、台風の速度からすると、私が矢板を通過する頃には通行止めは解除されるのでは などと甘い期待をしたのですが、やっぱり通行止めのままでした。

矢板で高速を降ろされると、こういう時は乗り継ぎのICまで、東北道沿線の一般道はノロノロです。

我慢して白河までノロノロ状態で行くか、米沢まで200キロ近い距離を下道で走るか、かなり難しい判断になりますが、下道を選択しました。

R121号で会津若松・喜多方などを抜けるルートで行ったのですが、山あいのルートなので、土砂崩れや倒木などによる思わぬ通行止めが心配でしたがそういう事もなく、信号も少なく交通量も少なく高速道路に近い状態で走り抜ける事ができたので、正解だったのではないかと思います。

お届け先の米沢市に無事到着した時は、本当に肩の荷がおりました。

台風が70キロの速度で北上するのに対し、私も台風に向かって北上するという、非常にシビアな仕事でした。
スポンサーサイト