FC2ブログ
2015/06/15

常磐道で仙台に行けるようになりました

先日の仕事は、お得意様の仕事で仙台までのチャーター便でした。

お届け先は、以前何度か行った場所で、その時と同じように東北道から仙台南部道路を経由して仙台東ICで降りるつもりでしたが、お客様より常磐道が開通して、そっちのルートの方が近くなったと教えて頂き、今回はその新ルートで仙台まで行きました。

常磐道が全線開通したというのは、頭の片隅にはあったのですが、開通した東北の太平洋側の海側のエリアというのは、仕事で行く機会がかなり少ないエリアだったので、あまり意識していませんでしたが、よく考えると東北で最も行く機会の多い仙台まで、常磐道で行けるようになったのはかなり大きいですね。

今回の運送は、いつもと発地が違うので、正確にどのくらい距離が変わったのか計れませんでしたが、江戸川区から仙台東ICまでですと20~30キロ短くなるのではないかと思います。

東北道もかなり走りやすい高速ですが、常磐道はさらに走りやすい高速です。
アップダウンが少ないし、カーブも少ないし、交通量が少なく大型トラックの割合が少ないので、本当に走りやすい高速です。

難を言うと、いわきから先かなり長い区間が対面通行になってしまう事と、パーキングエリアとサービスエリアが気の利いた食事処がない点です。
まだ開拓していないので、わかりませんが…

常磐道の開通で一番いい点は冬ですね。
東北道本線の雪はさほどハードではありませんが、やはりチェーン規制になる事はたびたびあります。
恐らく、新ルートはよほどの事がない限り、東京ー仙台間はチェーン規制にならないように思います。

ただ、宮城・福島などに行く機会はぽつぽつありますが、たいがいは東北道沿線の山側のエリアなので、出発地と到着地によってですが、常磐道より東北道を使う機会の方が多いかもしれませんね。

スポンサーサイト