FC2ブログ
2019/05/03

バルブ交換

私の赤帽車は、4年20万キロ以上乗っていますが、まだ1回もヘッドライトの玉切れしていません。

さすがに乗りつぶすまでに1回は切れると思うので、せっかくなのでLEDバルブに交換する事にしました。

最近、夜運転していると、他車のヘッドライトはLEDらしき白っぽい色目の方が多いようですね。

白色のスッキリした色のライトを見慣れると、純正ハロゲンの黄ばんだ色目は、ちょっとやぼったく見えます。

以前は、LEDバルブも高くて、高いんだったらハロゲンでいいかと思いましたが、今はアマゾンで5千円前後やそれ以下で買えます。

あまり安いのも怖いので、アマゾンでレビュー数が多くて評価の高い、5980円のLEDを買いました。

純正ハロゲンサイズで、取り付けも簡単なポン付けタイプです。


新型赤帽車(ハイゼットトラック)のバルブ交換はどのようにするのか調べてみると、ワイパーを外したり、フロントのパーツを外したり、手間がかかりそうだったので、車検の時に整備工場にお願いしようかとも思いましたが、ユーチューブでバルブ交換の説明をしている動画を何回か見ている内に、面倒くさそうだけどできない事もないようだったので、GW中は時間が結構あるし、自分でバルブ交換する事にしました。

しかし、いざ作業をしてみると、パーツを外すのが全て固くて、特にヘッドライトの部分を外す時や、バルブに接続しているケーブルを外すのが固かった… 強引に無理やり外すと破損しそうだし…

いったん途中までバラすと、後戻りできないんですよね…

途中、やっぱり自分でやるもんじゃなかったと、ちょっと後悔しましたが、なんとか無事ヘッドライトとスモールをLEDに交換しました。



しかし、バンパーに傷をつけてしまったり、指を痛めてしまったり、やっぱり今後はバルブ交換は自分でやりたくないかも…


バンパーのキズ


こんなにバルブ交換が面倒な車種ってあるのでしょうか?

旧型の赤帽車は比較的簡単だったのに…

スポンサーサイト



2019/05/03

大洗車

洗車場に行って大洗車しました。

GW中は、とにかく洗車場が混み合うので、近場の小規模な洗車場はあきらめて、車で千葉方面に40分走った場所にある、規模が大きくて普段はガラガラの洗車場に行ったのですが、そこの洗車場もかなり混んでいました。

GW前の激務で、赤帽車はかなり汚れていて気になっていましたし、ここのところ軽めの洗車で済ませていたので、今回は幌の部分やアルミホイールの細かい場所まで、隅々まで丁寧に洗車しました。


洗車のついでに、エアクリーナーとエアコンのフィルターを交換しました。

エアクリーナーは4~5万キロごとに、エアコンフィルターは1年ごとに交換しています。

前回のエアコンフィルターは、前々回のフィルターより数百円安いのを買ってしまったところ、ヒダの数が少なく質が悪いように感じたので、前々回買ったフィルター(右側のグリーンのフィルター)に戻しました。