FC2ブログ
2019/09/25

ゆうちょダイレクト

赤帽の組合と組合員は、支払い関係を郵便局の払込取扱票という、昭和の時代のような超アナログな方法で行っています。

私は、赤帽組合員さんに料金を支払う場合、私と同じメガバンクの口座を持っている赤帽さんには、ネットバンキングで振込手数料もなくネットで楽々振り込んでいるのですが、同じ銀行の口座を持っていない方にはゆうちょの払込取扱票で支払っています。

又、同業者から料金を支払って頂く場合も、相手の方がゆうちょの利用者なので、ゆうちょで振り込んで頂く事になります。

個人的には、ゆうちょは一切使いたくないのですが、赤帽の組合に所属していると、ゆうちょは組合のメインバンクみたいな存在なので、どうしても外す事はできません。

先日、ゆうちょから振替受払通知票Web照会サービスの案内が届き、それに申し込むとほんのわずかな手数料がかからなくなるのと、入金の確認が少し早まるようだったので、かなり悩みましたが申し込みました。

メリットが少ないし、できるだけネットバンキングの類を増やしたくないので…

Web照会サービスは、ゆうちょダイレクトというネットバンキングのようなものの一部の機能ですが、うれしい誤算でゆうちょの口座に1か月で5件振込手数料無しで振り込みできるようです。

このサービスを利用して、今まで赤帽さんに払込通知票で支払っていたのを、ゆうちょの口座振込みに変更させてもらおうかと思います。
ゆうちょの口座は組合員さん全員持っているはずですから。

入金された金額を引き出す際も、郵便局の窓口に行くことなく、自分のゆうちょ口座に振り込めば、全国のゆうちょATMで引き出せます。

今までは、月初に仕事の合間を縫って郵便局に行き、窓口で支払いと払い出しをしていました。

私の登録している郵便局は、駐車場が2台分しかなく結構埋まっていたり、急いでいる時に窓口が混んでいたりして、イライラしてしまう事がありましたが、ゆうちょダイレクトがあれば、今後は切手購入やATMくらいしか郵便局に行く必要がなくなるんじゃないかと思います。

わずらわしかった郵便局の窓口の手続きをしないで済み、パソコンから楽々振り込みができるので、ゆうちょダイレクトに申し込んで良かったです!
スポンサーサイト