FC2ブログ
2020/07/17

カメラのセンサークリーニング

キャノンのセンサークリーニングの料金が値上げして、しかも時間もかかるみたいになってから、センサーの掃除は自分でするようになりました。

先日、センサーの件でいろいろ調べていたら、カメラのキタムラがセンサークリーニングをしているのを知り、キタムラは近場に何店舗もあるし、最短1時間でクリーニングしてくれるようなので、専門店に出してみたのですが、仕上がり状態を確認したところ、イマイチでした。

その夜、自分でも再クリーニングし、チェックしてみると、自分でクリーニングした方が汚れがとれているようでした。

クリーニング代は3300円と、そこそこするので期待したのですが、結果はお金をドブに捨てたようなものになりました…

以前キャノンに出していた時も、いい結果は得られなかったので、そんなものなのでしょう。

これはやはり、自分自身でセンサークリーニングを研究し腕を上げるしかありません。


普通の趣味で撮影している人は、恐らく撮った写真はパソコンのモニターいっぱいの大きさで見て楽しむだけでしょうから、センサーの汚れはさほど気にならないかもしれませんが、私の場合、作品を各社に提出する場合は、写真を等倍のさらに倍(200%)に拡大し、隅から隅までチェックするので、センサーに汚れがあるとモロに出てしまい、後加工が本当に手間取ります。

静止画だったらまだレタッチで、ゴミを消せるのですが、最近は動画の撮影もするようになったので、動画で出てしまうと最悪です。


センサーに汚れがつきにくくするのか、ついてしまった汚れを落としやすくするのか、何かいい方法はないものでしょうか?
カメラメーカーさんには是非改良して頂きたいものです。
スポンサーサイト