FC2ブログ
2009/07/24

不覚にもガス欠

先日、横浜方面からの仕事の帰り道、不覚にも高速道路上でガス欠してエンストしてしまいました。
その時、ガソリンがかなり少ない状態である事は充分わかっていました。
しかし、初代の赤帽車はガソリンの残量が危なくなると小さな警告灯が点灯したので、今の赤帽車も当然何かしらサインが出るものと思い、それがないのでまだ大丈夫かと思ってつい走り続けてしまいました。

初代の赤帽車は、ガソリンの残量計のEの目盛からかなり下がっても平気だったのですが、今の赤帽車はEの目盛からさほど下がっていないのに空になってしまうのですね。まだ1年半しか乗っていないので、その感覚がまだつかめていなくて本当に不覚でした。

私がエンストしてしまった場所は、首都高湾岸線の辰巳JCT付近で、もう少しで我が家というのに…
たまたま路肩の幅が広めで、左側に寄せて停まって他の車の迷惑にならない場所だったので、渋滞などの原因にならずまだ良かったです。

エンストしてしまった時は警告灯や残量計の目盛から見て、ガス欠とは思わずエンジントラブルではないかと思って、必死にエンジンをかける事を試みたのですが、何度やってみてもエンジンはかからず、いよいよJAFに連絡しなければと思っていたところ、たまたま通りかかった高速をパトロールする黄色い車が停まって下さって、その車のスタッフの方に親切に対応して頂き、レッカーで一般道の安全な所まで運んで頂きました。

私は、まだその時点ではエンジントラブルを疑っていたのですが、まずはガス欠の可能性も無きにしはあらずなので、近くのガソリンスタンドに徒歩で行って数リットルガソリンを売ってもらい、スタンドで常備しているタンクに入れてもらったガソリンを給油してみるとエンジンはあっさりとかかり、エンストの原因はガス欠である事がはっきりしました。

それにしてもガス欠なんて、プロのドライバーとして本当にお恥ずかしい話です。
免許取りたての頃に一度やってしまった事があったのですが、その時以来二度目のガス欠です。
スポンサーサイト