FC2ブログ
2009/08/14

吹奏楽部の楽器運送

先日の仕事は、去年の同じ時期にもご依頼のあった仕事で、地元江戸川区の都立高校から府中市の府中の森芸術劇場まで、吹奏楽部の生徒さん達がコンクールの演奏で使用する楽器一式を搬入し、演奏が終わるまで府中で待機して、演奏終了後に楽器一式を江戸川区の高校までお届けするという仕事でした。

その日は、生徒さん達が楽器を準備される時間が予定より少し遅れていたようだったのですが、かなり時間の余裕を持ったスケジュールでしたので、出発が遅れても搬入時間の心配をするほどではありませんでした。

高校を出発して、首都高に乗ってしばらく走行すると、外苑から先15キロの渋滞表示が目に入りました。どんな事があってもコンクールの時間には遅れてはならないので外苑で高速を降りる事にしましたが、外苑で降りた段階ではまだ大丈夫と思う反面、東八道路や甲州街道などの一般道の混み方が気になっていたのですが、予想以上に一般道はかなり混んでいて、ちょっとあせりが出てしまいました。コンクールの演奏時間に楽器が間に合わないような事があってはならないので。

もし予定外の渋滞があっても大丈夫なくらい移動時間は余裕をとっていたので、劇場に到着してみると搬入予定時刻より20~30分前の調度いい時間の到着でしたが、道中はちょっと冷や汗をかいてしまいました。

コンクールに使用する楽器は、無事予定通り生徒さんにお届けし、コンクールの演奏が終わると、生徒さん達はうまく演奏が出来たようで、皆さん喜んでいるようでした。
高校生の生徒さん達と接すると、自分の学生時代が懐かしく思い出されます。

また来年もコンクールがありましたら、是非担当させて頂きたいと思います。
スポンサーサイト