FC2ブログ
2017/01/13

ハイゼット・サンバー・赤帽車 クラッチの欠陥・不良



年末に、東名高速で突如ギヤチェンジ不能になり、走行不能になってしまった私の赤帽車。先日、故障の原因となっているクラッチを修理工場に行って確認してきました。

修理工場からは、クラッチディスクの破損と聞いていましたが、私はメカニックに詳しくないので当初ディスクの破損というのがイメージできませんでしたが、ネットで下調べした時に見た画像と同じような状態でした。

私の車は、購入してからまだわずか1年6ヶ月。クラッチも1年半なのでまだ新しいです。
金属が経年劣化していたり、摩耗していたり、疲労している感じではないと思います。
わずか1年半のクラッチが破損するなんて異常です。

クラッチの材質とか構造に問題があるとしか思えません。

スバルに、5年10万キロの保証で対応して頂きたいと訴えているのですが、スバルではディスクは消耗品の部品だから対応できないとの事…
私はまだ納得していません。

2015年にハイゼット・サンバーのマニュアル車を購入した方、赤帽車を購入した方は、くれぐれもクラッチの故障に注意して下さい。

走行中に突然ギヤチェンジ不能になる可能性がある事を、頭の片隅に入れておいて下さい。

あくまでも、私の個人的な推測ですが、市街地などのギヤチェンジや半クラッチが頻繁な状況よりも、高速道路走行中に起こるような気がします。

高速走行中の負荷だったり、熱だったりが要因かもしれません。

高速道路走行中にエンストして止まりどころが悪いと、大事故や最悪な事態にもなりかねませんので。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント