FC2ブログ
2010/09/16

やり過ぎな交通違反の取締り

先日、東京福生市を運転していた時の話ですが、踏み切りの手前で普通に一時停止し、走り出すとすぐに警報機が鳴り出しました。

遮断機なども動いていなかったように記憶していますが、普通にすみやかに踏み切りを通過してそのまま走行していると、二人の警官が必死に自転車をこいで追いかけてきて、踏み切りからかなり離れた所で私の車に追いついて、停車するように指示しているようでした。

私は、何も悪い事をした覚えがないので、その時何で停めさせられたのか全くわかりませんでしたが、警官が言うには、警報機が鳴り出した後に私が踏み切りに進入し横断したと言い張るのです。
私はその時急いでいた訳でもありませんでしたし、警報機が鳴っているのに踏み切りを横断するなんて、自分の命が危険になるような事をする訳がありません。

私は普通に踏み切りで一時停止をして普通に踏み切りを通り抜けたつもりだったので、納得がいかずその場で30~40分警官と口論になってしまいましたが、今までの経験上いくら反論しても違反は覆らないという諦めと、これ以上口論しても時間がもったいないし、同乗者もいたので、警官のあまりのしつこさに根負けしてしまい、違反の切符を切られる事になってしまいました。

それにしても、今思うとその二人の警官は一体どこに隠れていたのでしょう?
その踏み切りの近辺はとても見渡しがよく、田舎道の県道を横切る単線か複線かかなりローカルな単純な線路と踏み切りでした。
もし踏み切りの近くで二人の警官が監視していたら、私は警官がいる事に気づかないはずはなかったと思います。
自転車でかなりの距離を追いかけて来たという事からも、踏み切りから離れた所に隠れて監視していたと推測されます。

ドライバーから見えない場所に警官が隠れて監視していたとしたら、相手側から車や踏み切りも見通しが悪い状態で監視していた可能性が強いのではと推測されますが、距離が離れた上に見通しが悪い所から監視して、踏み切り通過のタイミングを正確にジャッジできるのでしょうか?

私は、正直交通違反したという認識は全く無く、未だに取り締まりには納得できません。

今となってはどうあがいても違反の減点と罰金は免れないと思いますが、先日入手した情報によると、公安委員会の苦情申し出制度というのがあるそうで、警察官の不適切な執務に対しての不平不満を聞いて下さる機関なので、一度手続きをしてみたいと思います。

交通違反の取締りというのは、交通事故が起きないように、人々の安全を守るような目的で行って欲しいものです。
警察官のノルマや成績の為に、人を陥れたりあげあしを取るような取締り方は、警察の信用を失う行為だと思います。
スポンサーサイト